家電

  (最終更新日:2019年12月1日)

ロジクール ワイヤレスキーボード がおすすめな理由!

ルドです (*^▽^*)

ひさしぶりの記事更新です。先日デスクトップPCで使っていたワイヤレスキーボードが壊れてしまいました (-_-;)  全く入力を受け付けず、、、電池を交換したり、悪あがきをしてみましたが復活しない、、、

そこで、ロジクールのワイヤレスキーボードにマウスがセットになったものを購入しましたので、皆さんに紹介したいと思います。参考になればうれしいです (^ ^) 

失敗しないキーボードの選び方?

さて、キーボードを買う時の選び方ってご存知ですか?

失敗しない選び方を考えるなら、キーボードことを知らないとダメですよね。私は詳しくなかったので、調べてみましたよ! 

まずは構造の違いから、大きく分けてこの3種類に区分されます。


メンブレン式

安価なキーボードのほとんどに採用されているのが、このメンブレン式と言われるもので、デスクトップPCに広く採用されている。今回紹介するMK240 nanoもこのタイプです。

メンブレンは「膜」という意味で、回線が組み込まれたフィルムを重ねて構成されており、全てのキーを1つのシートでカバーするもの。

メンブレン式は、キーを叩いた時の反発力としてラバードームが使われており、ラバードームが劣化するとキーを戻す力が弱くなります。


パンタグラフ式

ノートパソコンのキーボード採用されているタイプがこれ。基本的なフィルム構造はメンブレン式と同じだが、キーがパンタグラフと呼ばれる支持構造になっている。しっかりとしたキーの打ち心地がうりで、薄型キーボードへの採用が可能。


メカニカル式

キーひとつずつに金属のバネが組み込まれたスイッチタイプ。他のタイプよりも反発力が強く、「カチカチ」という音が出る特徴がある。耐久性が高いのでヘビーユーザーに好まれています。

他にも物理的な接点がない無接点方式というものがありますが、構造が複雑で高コストなため、高級キーボードに採用されるプロ仕様です。私はコスパ重視なので、ここでは割愛します (^^;)


続いて接続方法の違いです。方法としては有線と無線があり、それぞれメリット・デメリットがあります。

有線タイプ

有線タイプはPCとキーボードをケーブルで接続します。ケーブルが邪魔というデメリットがありますが、電池がいらないという点とコストが安いメリットがありますね。

無線タイプ

無線タイプはケーブルがなく、ワイヤレスでPCとキーボードを接続できます。ケーブルが不要なので、デスク周りはスッキリ! 少々離れた場所からでも入力可能! これが最大メリットですね (^ ^) 私が今まで使っていたキーボードもワイヤレスです。

また、無線タイプにはUSBにレシーバー(受信機)を取り付けて通信するタイプとモバイル接続が可能なBluetoothタイプがあります。

スマホやタブレットに接続する場合は、Bluetooth式のキーボードを選択することになりますね。最近はBluetoothタイプのキーボードがたくさん発売されています。

USBレシーバータイプは、基本的にPCにレシーバーを取り付けるだけで使用可能なもの、初期設定不要なものが多いですね。Bluetoothタイプはペアリングが必要ですが、作業はとても簡単ですので、デメリットとまでは言えないですね。


これ以外にもキーピッチ(キー間の距離)の違いやマウスがセットになったキーボードなどなど、様々な製品が発売されていますので迷いますよね、(^_^;) 

でも、、、どう使いたいのか? 何を優先するか? 

よくよく考えれば、あなたにぴったりのキーボードが見つかりますよ。私はワイヤレスでコスト優先です!!

ロジクールのキーボードに交換してみた!

私が使っていたキーボードは、DELLの古いワイヤレスキーボードで15年くらい使っていたと思います(;´д`) 古い物で、少し大きいのが難点、使用には全く問題なかったのですが、、、

購入した、ロジクールワイヤレスキーボード MK240 Nanoと早速比較してみました。大きさが全然違~う!!! 机が一気に広くなりました。DELLキーボードが無駄に大きかった??、、(^_^;) 

内容物はキーボードとレシーバーにマウス、それと単4乾電池が4本入っています。(キーボードとマウスで2本づつ使用)使用環境にもよるが、電池壽命はキーボードが36ヶ月、マウスが12ヶ月とかなり長い。

DELLのワイヤレスマウスも一緒に交換となりました。このマウスも大きくて重いですね。反対にロジクールのマウスは小さくて軽いのですが、ちょっと安っぽいかな?

接続環境は、”ロジクール アドバンス2.4 GHzワイヤレステクノロジー” で込み合った悪環境でもパワフルに接続可能と説明書きがあります。ワイヤレス動作範囲も約10mと申し分なし。

 

まとめ(このキーボードは買い??)

さてロジクールのワイヤレスキーボードを紹介しました。キーボードにマウス付きで低コスト・ハイパフォーマンス!!何も問題ありません。さらに3年長期保証付きなので、とても安心です ٩(^‿^)۶ 

買いです! ぜひ一度お試しください!

それではまたね (^-^)v

関連記事

  1. 家電

    超快適!シャープ加湿空気清浄機の驚きの効果とは!

    ルドです! ( ^ω^ )先日人生で初めての空気清浄機を購入しまし…

  2. 家電

    猛暑の必須アイテム!スリム型タワーファンは買うべきか?

    ルドです、(o^^o)まだまだ暑い日が続きますねー 皆さんは体調崩…

RECOMMENDED ARTICLES

FEATURE ARTICLES

  1. CAR

    知ってると超お得! 残クレでホンダ フリード ハイブリッドEX 買っちゃいました…
  2. 新生活

    書斎のサイドデスクにキッチンワゴンが優秀すぎる!
  3. 観葉植物

    エアープランツ始めました! 第2弾!
  4. 熱中症

    熱中症が今年はヤバイぞー 対策してね
  5. DIY

    【DIY】観葉植物を上手に育てるために! 専用のプランタースタンドを作ってみた!…
PAGE TOP